Ett liv med Kalligrafi (書のある生活)



<   2011年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧


森の火葬場{世界遺産)の撮影

皆様
数週間前、ストックホルムの森の火葬場(世界遺産)の撮影にコーディネーターとして参加しました。ここは、スウェーデン通の方ならご存知だと思いますが、グンナル アスプルンドとその友人とで設計された、ストックホルム一の火葬場です。
撮影しながら、ガイドさんにこの火葬場の哲学を説明してもらいました。それにしてもこれを設計した時のアスプルンドは、若干29歳!それで、ここまでの心配りがあるとは、、。その後、実際に火葬場がオープンされてしばらくして彼は他界しました。まだ、55歳だったのです。
b0149459_335434.jpg

この火葬場のシンボルとも言える、大きな十字架が建っています。
b0149459_335234.jpg

この彫刻は、天国への扉(希望)を意味しています。死の後は、神の国へ召される光的な存在です。
b0149459_3372180.jpg

大きい方の礼拝堂です。
b0149459_3375980.jpg

こちらは小さい方です。
b0149459_3383587.jpg

この小さい方の礼拝堂へ入るドアの上には、”次はあなたの番だ”と外国の文字で書かれています。
これは、ブラックユーモアではなく(笑)、遺族や友人への思いやりなのです。
ようするに、死は絶対に避けれないものなので、悲しみに打ちひしがれている遺族の人に、”そんなに悲しまないでください。あなたもいつか天国に召されて私(故人)に会える日が来るのですから、その時までのさようならです”と、語りかけているようなのです。
b0149459_341379.jpg

グンナルは、”死ぬと人間は、皆同じ高さになる”との発想から、生前裕福だった人も、又そうでない人も、成功した人もそれ程でもなかった人も、死ぬと皆平等”と言いたかったのです。ですから、墓石の高さは皆同じです。
又、土葬から火葬に切り替えたのも、彼のアイディアです。
b0149459_3441177.jpg

ちなみに、これはちょっと違う感じの墓石ですが、”グレタガルボ”のものです。
b0149459_3454171.jpg

葬式が全部終わって、この石段を登りますが、ここは段差が低く、疲れないように工夫されています。

このように、この火葬場は世界遺産だけあって本当に素晴らしいです。壮大な眺めと計算されつくされた設計、死への哲学と思いやりが込められています。
死は、誰も避けれないものですが、死の向こうにも”希望”があると思いながら、故人を弔うのは素晴らしいと思います。

そして、この撮影が終わった後は、何だか”死”を身近に感じ、同時に恐ろしいものでもないような気持ちにもさせられました。

グンナル アスプルンド、偉大な遺産をありがとう!

追伸・・・ここのガイドさんに教わりました。人間を燃やすと灰になりますが、何キログラムほどあると思いますか? ・・・・答えは、次回の記事のなかでお知らせします。なかなか面白い話ですよ。ご期待下さい!

では、又お会いしましょう! 

水香
[PR]
by kalligrafi | 2011-06-27 04:06 | Händelse(出来事)

孤独を愛した月の女神・グレタ ガルボ

皆様、今日は2度目の更新です。アップ度にかなりのばらつきがありますが、ご了承ください。笑
さて、今までいろんなTVプログラムを担当して来ましたが、普段の生活では見れない。読めない・体験出来ない、事などにも触れることが出来るのが、この仕事の魅力のひとつであります。
今回、お手伝いしたグレタガルボの当時の直筆の手紙などもその内の一つだと思います。

ここ2日間、スウェーデン人スタッフと日本人2名で、約90年前の手紙を翻訳したのですが、かなり個性的な筆跡と昔の言葉などで、難しい箇所もありました。
しかし、読んでいくうちに彼女の人となりが伝わって来て、面白いお仕事ではありました。

ガルボとは、まさに孤独を愛した月の女神だったのです。
若い時にスターになり、アメリカで生活していたのですが、彼女のプライベートは本人曰く、
70歳のおばあちゃん、そのものでした。
きらびやかな派手なパーティーは大の苦手。精神的にも不安定で、スウェーデンへの思慕がものすごく強かったようですね。

これらの手紙を読むと、彼女が36歳で引退して、その後はニューヨークの自宅で、ひたすらカーテンを閉めて生活をしてきた理由が分かりました。

しかし、あれほど愛していたスウェーデンに何故戻らなかったのか?結局、嫌いだといつも手紙に書いていたアメリカで生涯を閉じたのは何故だったのか?疑問が残ります。

何となく、タイムスリップしたような気持ちになったお仕事でした。
同時に、どれ程の名声を得ても、又悲しい日々を送っても必ず、その終点があるものだとつくずく感じました。時は流れるのです。

ちょっと、センチメンタルでしたでしょうか?!


又、お会いしましょう。

水香

b0149459_5225266.jpg

[PR]
by kalligrafi | 2011-06-24 05:24 | Överigt(その他)

皆様、またまたご無沙汰してしまいました。

皆様、またまたご無沙汰してしまいました、水香です。
最近、忙しかったと言えばそうですが、何か少しブログをさぼってしまっていました。時々、覗いて下さっていた方々、ごめんなさい。
さて、さて何からご報告しましょうか?!
まず、TVのお仕事ですね。
最近2本に関わっていたのですが、そのうちの一つはTVというよりもNHKと某大学が共同で教材を作るために、スウェーデン・フィンランドのデザインや都市計画などをメインに撮影・インタビューをしました。その時の写真は、ちょっとお待ち下さい。まだ、インストールしていないのです。
これは、上手くいって楽しく有意義でした。

さて、その次の例の玉三郎さんが来られる番組ですが、リサーチはお手伝いしたのですが、(今日も、番組関連のグレタガルボの昔の手紙を翻訳して来ました)どうしても、都合で撮影には参加出来ないことになり、申し訳ないのですが今回、撮影は降板させて頂きました。これは、局の方々にも理解してもらって、別の人に代わってもらいました。
正直、15年この仕事していますが、初めての体験です。
でも、まぁ、そういうことも起こりますね。
それで、残念ながら玉三郎さんにはお会いできません。
でも、番組は面白いと思いますので見てくださいね。
7月22日(だったと思います)NHK夏スペシャルです。

明日は、夏至際です!!

今度こそ、写真のアップを図ります。笑


水香
[PR]
by kalligrafi | 2011-06-24 02:29 | Överigt(その他)

今週は、TVのロケで大忙しです!

皆様、今週から来週にかけてはTVのロケ第一弾で大忙しです。
落ち着いたら、その様子を一挙に連載しますので、もうしばらくお待ち下さい!

水香

ps・・・貧乏暇なしです。笑
b0149459_421127.jpg
[PR]
by kalligrafi | 2011-06-05 04:23 | Händelse(出来事)


ストックホルム在住の書道家、TVコーディネーターの水香です。
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
水香のおすすめブログ
Alltid Leende ストックホルム在住の頼もしくてユニークな女医さんのブログです。

きなこの放浪生活 いろいろな場所からのメッセージが楽しいブログです。

スカンジナビ 北欧在住日本人のブログ



最新のトラックバック
ライフログ
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧