Ett liv med Kalligrafi (書のある生活)



スピッツ犬とは。。。。不思議、ふしぎ~

皆様、こんにちは。

日々が過ぎるのが、すごく早く感じる今日この頃ですが、何だか2013年は水香にとって、なかなか良い年のようです。この1月に、こちらの新年会(ストックホルム日本人会)で、ある方に”剣玉”で運を付けて頂いたので、色々楽しいことが起こります。笑

さて、今一つTVの仕事をお手伝いしています。ロケは3月の中旬ですが、撮影対象は、スウェーデン在の”日本スピッツ”です。
b0149459_182230.jpg


スピッツ?と現代の日本では思われるかもしれません。この犬種は、70年代に人気があったようですが、日本では”うるさく吠える犬”として、今はかなり廃れているそうです。。
”スピッツみたいにうるさい”、、などの言葉も聞いたことがあります。

ところが、こちらでは、、。。。少し違います。

80年代ににスピッツが日本からスウェーデンに入って来たのですが、それから根強く愛好家がいて、子犬の時から人間と近く(スピッツは本来あまり人にくっつかなくても生きていけるようです。犬なのに、猫みたいなところがあります)可愛がってちゃんと躾ていると、殆ど必要ない時は吠えず、すごく賢い犬になるそうです。(しかし、肝心な時は必ず吠えるらしいです)
b0149459_1871633.jpg

(この可愛らしさ、、頬ずりしたいですね~。。笑)

スピッツは、元々かなり知能の高い犬で、訓練で何と”セラピー犬”にまでなれるのです。
実際、セラピー犬として市から雇用されているスピッツ犬がスウェーデン国内で、2匹います。数名の認知症の患者さんを相手に手当てをします。どんな感じにしているのかは、撮影以降お知らせします。

不思議ですね~・・あれ程”うるさい犬”とされているスピッツが、こちらでは”癒しの犬”です。
何が違うのか???
躾です! 
日本では、番犬代わりにもされていたので、賢いスピッツはそれを忠実に守るために、すごく吠えるようになったのです。

鉄は熱いうちから打て!と言いますが、まさにその通りですね。

そう言えば、昨日水香の書の作品に色々と日本の大先生がコメントを付けて送って来て下さいました。
88歳のご高齢で、これだけ細かく指示して下さるとは、ありがたい限りです。
水香もこのご高名な先生(甫田先生)に、6歳の時から師事して頂いています。
やはり、子供の時の教育は非常に大切ですね。

では、又お会いしましょう~・・・
水香
[PR]
by kalligrafi | 2013-02-23 18:23 | Överigt(その他)
<< 大切な、”水”・・・・ 腹7分目の難しさ。 >>


ストックホルム在住の書道家、TVコーディネーターの水香です。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
水香のおすすめブログ
Alltid Leende ストックホルム在住の頼もしくてユニークな女医さんのブログです。

きなこの放浪生活 いろいろな場所からのメッセージが楽しいブログです。

スカンジナビ 北欧在住日本人のブログ



最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧